歯周病治療

歯を失う原因のトップは歯周病

そして、もう現在ではよく知られていますが、国民の成人のほとんど(8割)が歯周病にかかっている、またはその予備軍だと言われており、実際歯を失う原因のトップはこの歯周病が占めています。歯周病を引き起こす細菌は複数確認されており、歯周病を起こしている主な細菌がどの細菌かによっても歯周病の進行の仕方や病状が異なってきます。

多くの人がかかるタイプの歯周病は慢性歯周炎というもので、30代〜40代くらいに発症し、ゆっくりと進行していきます。しかし、中には10代から発症したり、急速に進行するタイプの歯周病も存在し、急激に歯を失ってしまう場合もあります。

歯周病は生活習慣病

歯周病は歯周病原菌による感染症ですが、歯周病菌を口の中に持っているからといって必ずしも歯周病を発症するとは限りません。歯周病を発症させる直接の原因は、歯の周囲にたまった細菌の塊である歯垢ですが、その他にもストレスや喫煙、歯ぎしり、食生活、歯並び、妊娠、糖尿病に代表される全身疾患などの因子が絡み合って歯周病を発症させます。このように歯周病は生活習慣病の要素も大きく持ち合わせている病気であり、自分の努力次第で発症を防ぐことも十分可能な病気だと言えます。

歯周病のそれぞれの治療法は?

軽度

歯肉炎の状態であれば、歯のブラッシングをしっかりと行うことで治る場合がほとんどです。歯石がついてしまっている場合には自分で取れないため、歯科医院で歯石除去をしてもらう必要があります。

中程度

歯周ポケットの中に歯垢や歯石が溜まってしまい、自分で取り除くことができないため、専用の器具で探るように歯周ポケット内の歯垢や歯石を取り除きます。

重度

歯周ポケットがかなり深くなり、手探りで行う歯石除去では完全に歯石を落とすのが難しくなってきます。そのため、歯茎を切り開き、歯根を露出させた状態で歯石を除去する「フラップオペ」と呼ばれる歯周外科手術を行う場合があります。進行しすぎて歯のぐらつきがひどい場合には抜歯をします。

歯周病に関して気をつけること

歯周病はサイレントディジーズ(静かなる病気)とよく呼ばれます。これは痛みなどの症状を出さずに進行してしまうことが多いためです。特にずっとむし歯にかかったことがなく、ほとんど歯医者のお世話にもなったことがない、という人ほど進行してしまっている場合が多く、要注意です。

むし歯と歯周病は全く別ものであり、むし歯にかかったことがないからといって歯周病にかからないというわけではないからです。歯周病は放っておいて進行すると怖い病気ですが、早いうちからきちんと対処していけば発症させない、または進行させないようにすることが十分可能な病気でもあります。体の健康を守るためにも、ぜひ定期的に歯科に通い、歯周病ケアを しっかりと行っていきましょう。