入れ歯(義歯)

歯を失ったらそのままにしてはいけません

永久歯は様々な要因で失われてしまうことがあります。例えば外傷性で折れたり抜けてしまったりすることもあれば、むし歯や歯周病が原因で抜歯をせざるを得ない状況に陥ることもあります。永久歯は一度失われると自然に生えてくることはありませんからそのままにしておくとそこに歯がないスペースができることになります。治療が面倒だからという理由でその状態を放置していると、様々な弊害を引き起こしてしまいます。

歯を失った状態を放置していると起こる弊害

・空いたスペースに隣接している歯が倒れ込み、歯並びが乱れてくる

・歯磨きなどのケアがしづらくなり、さらなるむし歯や歯周病を引き起こす
・発音や滑舌に支障を来たす
・噛み合う相手を失った歯が伸びてくる
・噛み合わせの悪化により肩凝りや頭痛、もしくは身体全体に不調を来たすようになる

このように歯がない状態を放置していると口だけではなく身体全体の健康に問題を引き起こすことがあります。そのため失われた部分を補う治療を行う必要がありますが、当院ではこれまで入れ歯(義歯)治療を多くの患者様に提供してきました。入れ歯は大別すると部分入れ歯と総入れ歯の二つがあります。

部分入れ歯

歯が口内に一本以上残っている状態では部分入れ歯を用います。固定はまだ残っている歯にひっかけるかたちで行います。

総入れ歯

全ての歯が失われているときに用いるのが総入れ歯です。固定は多くの場合、歯ぐきに吸着させるかたちで行います。

入れ歯を使用していて違和感を覚えたことはありませんか?

口内の状態、環境は年月の経過によって変化していきます。例えば歯ぐきは年齢を重ねるにつれて少しずつ痩せていきます。そのため入れ歯もずっと同じものを使っていると徐々に合わない部分が出てくるようになります。その状態を我慢して使っていると新たな不具合や不調を招く結果となってしまいます。まだ残っている天然歯と入れ歯のあいだに隙間が大きくできるようになるとそこに食べかすが溜まってプラーク(歯垢)が発生し、新たなむし歯や歯周病を引き起こします。合わない入れ歯では発音が不明瞭になって周囲とのコミュニケーションに支障を来たすかもしれません。

そのため入れ歯も定期的なメンテナンスが必要で、そのときそのときでご自身の口内の状態に合わせたものにつくり変える必要があります。当院ではこれから入れ歯をつくろうとしている人はもちろん、現在使っている入れ歯に不具合を感じている方にも適切な入れ歯を提供することができます。現在使用している入れ歯が、合わない、痛み、しっかり噛めない、などでお悩みの方は是非とも当院までご連絡ください。