口腔外科

親知らずの抜歯・顎関節症・様々な口腔のトラブルに対応可能です

「口腔外科」という診療科は、あまり待ちの歯医者さんで見かけることはないかも知れません。多くの場合、口腔外科というのは「歯科・口腔外科」という感じで「歯科」と一緒になっていることが多いです。もしくは大学病院といった総合病院の診療科として目にされた患者様も多いと思います。しかし、あまり口腔外科がどのような治療をしているのか、についてご存じでない患者様も多いのです。

口腔外科は読んで字のごとく「お口の外科」です。当院でも行っている一般歯科(むし歯や歯周病治療)とは違い、口腔内やお口の周りの病気の治療を行います。

口腔外科で親知らずを抜歯するメリット

あらゆる抜歯に対応できる

当院では、これまでも抜歯を多く行っているため、いわゆる「難抜歯」と呼ばれる抜くのが難しい親知らずなどでも対応できます。

抜歯をスムーズにおこなえる

抜歯は患者様にとってとてもストレスの大きい治療のひとつです。そのため、当院ではなるべく素早く治療を終えることができるように、日々研鑽を積んでいます。

親知らずを放置するとこんなことも

では、親知らずを放置するとどうなるのでしょうか?「特に痛みがないので、親知らずを放置してもいいのか」と思われる患者様も多いようです。結論から言うと、ケースバイケースになります。放置することによるメリット・デメリット、抜くことによるメリット・デメリットがあります。

ここでは、親知らずを放置することのデメリットをみてみましょう。

  1. むし歯や歯周病になることがある
  2. 歯並びを悪化させてしまう可能性がある
  3. 口臭の原因になる可能性がある

口腔外科には親知らず以外にはどのような治療がある?

親知らず以外では、顎関節症、歯や顎周辺の外傷、顎変形症、先天異常、唾液腺疾患、口腔粘膜疾患、腫瘍、囊胞などの治療が挙げられます。当院では、親知らず、顎関節症の治療をメインに行っており、適宜連携している医療機関への紹介も行っています。