40代女性「子供に歯並びが悪いと言われた」マウスピース矯正(インビザライン)で矯正治療した症例

はじめのご相談内容 「子供に『歯並びが悪い、歯ががたがたしている』と言われた」、「前歯が曲がっているのと出っ歯が気になる」とご相談いただきました。
診断結果 診察したところ、前歯の生えるスペースが足りず、全体的にがたがたになっている状態でした。
行った治療内容 「目立たないもので治療をしたい」との患者様の希望により、顎を少し広げながら行うマウスピース矯正(インビザライン)を提案しました。
歯のがたがたも、マウスピース矯正で治る範囲でした。
現在の様子 術後の歯並びは安定しており、患者様は大変満足されていました。
今後1年半は固定期間をおきます。術後は後戻りしやすいため、定期的に経過観察のため来院していただいております。
保定期間終了後に、変色した詰め物をやり直す予定です。
このケースのおおよその治療期間 約5か月
おおよその費用 約680,000円
治療のリスクについて マウスピース矯正の最大のメリットは、装置が目立たないことです。装着したまま人前に出ても問題ありません。
食事の際には取り外しも可能なので、治療前と同じように食事をとることもできます。
しかしマウスピース矯正は、すべての症例で適応できるものではありません。長時間装置を装着する必要があり、透明で軽く小さいため、紛失しないよう注意も必要です。

治療前

治療後

治療前

治療後