40代女性「前歯が1本茶色い」ホワイトニングで白くした症例

はじめのご相談内容 「前歯の歯を白くしたい」とのことでご相談いただきました。
小学生の頃に歯の神経を抜いたそうで、その歯が徐々に変色してきたそうです。
お子様に「授業参観に来ないでほしい」と言われたことがきっかけで、まずは前歯の色を白くしたいと思われたそうです。
診断結果 拝見したところ、たしかに抜髄した歯に変色が見られました。
今回はオフィスホワイトニングでの治療をご提案しました。
行った治療内容 患者さんのご希望は「納得できるまで白くしたい」とのことでしたので、複数回のホワイトニングで歯のトーンを上げていきました。
一方で薬剤を強く効かせすぎるとしみるような痛みが出ることがあるので、毎回の薬剤の調整を緻密に行いました。
また通院のたびにシェード(歯の色を見る装置)を使い、どれくらい白くなったのかを確認しながら進めていきました。
今回のケースのように1本だけ色が違っている場合などには有効な治療方針です。
現在の様子 ご希望いただいた歯の色は十分に明るくすることができ、ご満足いただけました。その後、全体的に更にキレイに整えたいとのことで、追加のホワイトニングと矯正治療もご希望いただきました。
このケースのおおよその治療期間 約2ヶ月
おおよその費用 約15,000円(複数回のため)

治療のリスクについて ホワイトニングは薬剤の効果で歯に痛みが出る場合があります。
ホワイトニングした歯は、食習慣などにより再度着色する場合がります。

治療前

治療後