10歳男の子(小学四年生)歯がガタガタ、前歯が出ている。マウスピースと裏側の装置で治療した症例。

はじめのご相談内容 「歯並びをよくしたい」とのことでご相談いただきました。
ただ、普通の装置を使った矯正治療では、学校で目立ってしまうことを懸念されていました。
診断結果 拝見したところ、歯がガタガタに生えている状態(叢生)が確認でき、同時に上顎前突も確認できました。
行った治療内容 装置が目立ってしまうことを気にされていたので、マウスピース矯正と裏側の装置を併用した治療法をご提案しました。
現在の様子 無事装置も外すことができ、現在も状態は安定しています。
メンテナンスで通院いただいているので、このままお口の健康維持を一緒にしていければと思います。
このケースのおおよその治療期間 約6ヶ月
おおよその費用 約21万円(税別)
治療のリスクについて 矯正治療では後戻りする可能性があります。
装置を正しく使用しない場合、想定している効果が得られない場合があります。
装置を使用している間は、痛みを感じる場合があります。

治療前

治療前

治療前

治療後

治療後

治療後